子供が贈るプレゼント同居の母へ実母と義母へ相場

母の日プレゼントの相場


「お母さんいつもありがとう」の感謝の気持ちを伝える母の日が今年もやってきます。
毎日頑張ってくれているお母さんへ言葉や手紙などで感謝を表現したり、何かプレゼントを贈ってありがとうを伝えたりと色々ありますよね。
あまり自分のものは買わず、どうしても後回しにしてしまいがちなお母さんに対して、個人的にプレゼントをしてみても良いですよね。

そこで、母の日に感謝をプレゼントを使って贈ると考えた時、一番気になってしまうのが予算ですよね。
一般的にはどれくらいの予算でプレゼントをしているのでしょうか?すでに独立しているお子さんもいます。
また、まだ小さいお子さんでお小遣いでプレゼントをあげたいと思っていたりと、色々なパターンがあります。

そこで、無理のない金額で考えた場合、約3000円~5000円未満という方が多いようです。
また、学生(中・高・専門・大学)となると、約1000円~2000円未満くらいだそうです。
まだ小さい小学生未満のお子さんですと、お小遣いを使ってカーネーションを1本買ったり、手作りでお手伝い券やお買物券などを作ってプレゼントしているみたいですね。

例として、約15000円~20000円といった高額なプレゼントをするという方もいるようです。
社会人になったということもあって、母親へ大きなプレゼントをしたいという考えを持っている方もいるんですね。
しかし、あまり高額となってしまうと、母親の方も気を使ってしまい、遠慮しがちになってしまうケースも考えられるので、そこは自分と相手のことを考えた上で判断してみて下さい。

このように、母の日のプレゼント予算には差があることがわかりましたが、感謝の気持ちを伝えるという面では、何も変わりありません。
どんな方法でもありがとうの気持ちをしっかり伝える事ができれば、お母さんは嬉しさでいっぱいになってくれると思いますよ。
その気持ちは、忘れないように心の中にずっと入れて置いて下さいね。
高額なプレゼントも良いですが、気持ちのこもった物をもらったほうが喜んでくれると思います。
いつまでも健康な毎日を過ごしてもらうために、母の日に健康グッズのプレゼントはいかがですか?

母の日が終わるとる次は父の日があります。
お母さん同様にお父さんにも何かささやかな贈り物をする方が多いと思います。
今年は何にしようかとまだ考えている方は、過去に人気があったものをランキング形式で紹介しているサイトhttp://www.yoshiekentarou.jp/ran.htmlがありますので参考にしてみてはいかがですか?