子供が贈るプレゼント同居の母へ実母と義母へ相場

母の日は毎年何日になった?


今年もあと少しで「母の日」が来ますね。
いつも美味しいご飯を作ってくれたり、掃除にお洗濯などなど、毎日してくれてありがとうという感謝の気持ちを伝える日でもあります。
当たり前のように思われているかもしれないお母さんのお仕事に対して、言葉を使ってしっかり気持ちを伝えるということは、本当に大切なことですよね。

お母さんも言葉で気持ちを伝えてもらえれば、嬉しいこと間違いありません。
母の日というのは、毎年5月の第2日曜日となっています。
何月何日と決まった日にちはありません。

2013年の母の日は5月12日(日)となりますね。
この1日は、お母さんの主役の日になります。
家族皆でお母さんにありがとうの言葉を言いたいですね。

そして、いつも頑張ってくれているお母さんに対してお手伝いをしてあげたり、プレゼントをあげるのもいいですよね。
母の日と言えば赤いカーネーションが思い浮かびますが、そもそもなぜ赤いカーネーションと疑問に思われる方がほとんどです。
由来としては、初めてアメリカで母の日の集会が開かれた時に、皆へ赤いカーネーションを配ったということが始まりだそうです。

また、赤いカーネーションの花言葉がポイントとなっていると聞きますが、少し違うみたいですね。
でも、赤いカーネーションの花言葉に「母の愛」「愛を信じる」などといった素敵な言葉があり、母の日に贈ることに対しては何も問題ないお花ですね。
赤いカーネーションのみだけでなく、違うお花とアレンジして花束にして贈っても良いですね。

いつもそばにいてくれるお母さん。
何も言わなくても気持ちは分かってくれてる。
恥ずかしいから言葉では言いたくない。
なんて思い込んでしまっている方もいるかもしれませんが、普段なかなか言えない気持ちを、母の日という大切な日を使って伝えてみて下さいね。

あなたのその一言で、親子の絆も更に深まりそうですよね。
今からサプライズ母の日の計画を考えてみてはどうでしょうか?
サプライズ体験談はとても参考になりますので、是非参考にしてサプライズを成功させてください。